HERE COMES A NEW CHALLENGER

グラフィッカー
~ゲームの顔となる、ビジュアル部分を司る~

グラフィッカーは、キャラクターの絵からタイトルロゴ、会話を表示するウィンドウやアイコン、文字、エフェクトに至るまで、画面に映る全ての画像を制作する役職のことです。その性質上、いくつか分野がわかれます。

イラストレーター

キャラクターの立ち絵や背景を描く人です。描いた絵は、パッケージのジャケットや、紹介サイトのトップ絵など、いわば作品の“顔”になります。

いわゆる「絵が上手い」人が役割を担います。ゲームとは別に自分で漫画同人誌を制作している人や、pixivなどで絵を発表している人がなったりします。

イラストを描くことが好きな方、是非KDVにいらして下さい。

ドッター

ピクセル単位で色を置いて描いていく絵、ドット絵を制作する人です。コンシューマ作品ではあまり見かけなくなりましたが、同人ゲームでは今もなお多く使われています。

イラストとは違い、多くはアニメーションさせることが前提となるため、一つのキャラクターに動きをつけるたびに、何枚ものコマを描くことになります。そのため、手早く何枚も仕上げられると良いです。

ドット絵は、ペイントソフトさえあれば、気軽に描き始めることができます。2DゲームCGの代名詞とも言えるドット絵を描きたいという方、お待ちしております。

3DCG デザイナー

作ったゲーム」を見ても分かるように、KDVではここしばらく3Dはノータッチでしたが、今年から3Dもやってみようと思い立ち、ようやく勉強し始めたところです。

KDVで3Dをやってやる!という気鋭の新入生さん、大歓迎いたします。

編集・総合デザイナー

具体的にどんな仕事かを説明するのは少し難しい職種で、ゲームでは主にGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を管理する役割を担います。これ専門でやるという場合はほとんど無く、普通は他の人が兼任します。

ゲーム内で使用するウィンドウやボタン、フォントなどのパーツも、立派なグラフィックです。また、ゲーム以外でも、CDラベルやパッケージ、さらにこのウェブサイトで使うような画像なども必要になります。こうした多岐にわたるデザイン関連の作業を、Photoshopなどのツールを用いて、使いやすさ・分かりやすさを考慮しながら制作・配置し、ゲーム画面やパッケージをデザインするのがこの職種です。

どんなに絵柄が綺麗なゲームでも、UIが使いづらいと一気に評価が下がってしまいます。逆に、良いパッケージの作品は、ゲーム内容を全く知らない人の目さえ惹きつけます。こうした、ユーザーが無意識のうちに評価する部分にこだわることは非常に重要です。作品のイメージは、デザイナーの腕次第でよくなったりも悪くなったりもするのです。

デザインセンスに自信がある方をお待ちしております。