HERE COMES A NEW CHALLENGER

プランナー
~アイデアを形にする、ゲームの生みの親~

プランナー、つまり「企画する人」は、専門の職種ではありません。少なくともKDVではそうです。そして、同人ゲーム制作サークルのほとんども、普通は他業種との兼任です。

企画書を見栄え良く書けても、それだけでゲームは作れません。PowerPointでは、コードは書けません。自ら企画をする人は、その企画をある程度は自ら形にできる必要があります。それは例えば、自分で絵を描きながら、その絵を動かしてくれるプログラマーを探す、といったことです。

また、ゲームに直接関係のない雑務もやることになります。ミーティングの招集とか、書類の印刷とか、イベントへの参加申込とか……。普段は見えないところまで手を回さないといけないので、大変な割に苦労を分かってもらえなくて辛いんですよねぇ、これ……。でもそれも自分のゲームを完成させるため。頑張らないといけません!

そして、これが最も重要なことですが、他のメンバーと仲良くしてくださいね。一緒に何かをやろうというのに、仲が悪かったらできるものもできません。

自分の空想を、ゲームという作品として具現化することは、とても大変である一方で、凄く楽しく、面白い体験です。“夢を創造する”気鋭のクリエイターさんを心待ちにしております。